和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

タグ:「韓国」のエッセー

「『歴史問題の和解と市民運動―非当事者の役割を考える』市民運動班シンポジウムに参加して」がストックホルム大学のダールベリさんから投稿されました。
ストックホルム大学アジア・中東・トルコ学部日本語学科卒業、京都大学に留学 ダニエル・ダールベリ    本稿では論者一人ひとりの発表に対する私の感想を述べるというより、私がシンポジウム全体に一貫して感じた共通点を言葉にして(…)
聖学院大学教授宮本悟氏より 南北の融和だけでは、韓国は北東アジアの中で孤立しかねない状況にあることを趣旨とするエッセイが投稿されました(エッセイはあくまで個人の見解です)」
朝鮮半島の情勢変化に対する日本の対北東アジア政策の現状と展望 Current status and visions of Japan's policy for Northeast Asia responding to the change(…)
(株)ニチマイ 米国事務所所長の長坂マイヤーズ陽子氏より、エッセイ「硫黄島におけるコリアン兵―米国国立公文書館所蔵の資料紹介」が投稿されました。硫黄島の戦いが、今の日本人だけのものではなかったことを示す貴重なものです。
<要約> *太平洋戦争中の各島々の戦闘で徴用されたコリアン兵の存在について硫黄島の例を提示する。 *日本兵や硫黄島市民の犠牲だけでなくコリアン兵の犠牲もあり、こうした事実を知る必要がある。 *米国資料とともに、日本側及び韓国側(…)
領域代表によるエッセイ「歴史学から和解学へ」が投稿されました。これは『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が太平正芳賞を受賞した際の挨拶文を修正したものです。
「歴史学から和解学へ」   2009年6月に拙著『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が大平正芳記念賞を受賞させていただいた際の、日本工業クラブにおける授章式での挨拶文を修正したものです。これは和解学(…)
早稲田大学・次席研究員の黄斌氏が、エッセイ「日・中・韓の歴史和解を目指す国史たちの対話の試み ―円卓会議第3回『日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性』に参加して」を発表しました。
早稲田大学地域・地域間研究機構 次席研究員 黄斌 2018年8月24日(金曜)~28日(火曜)に、韓国のソウルで開催された第4回「アジア未来会議」の円卓会議「日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性」に参加しました。渥美国際交流財(…)
和解過程の韓国的脈絡
朴鴻圭(高麗大学平和と民主主義研究所長) 2017年12月16日、早稲田大学で開かれた国際シンポジウム「和解学の創成に向けて」に参加した。「和解学」という新しい学問領域を切り開くために、早稲田大学が意欲的に取り組むプロジェクトのキックオフ(…)
文在寅政権成立後の日本軍「慰安婦」問題の現状と展望
趙眞九(慶南大学極東問題研究所助教授) はじめに 2017年12月16日、早稲田大学が主催した国際シンポジウムに参加し、日韓関係においてとげのような存在である日本軍「慰安婦」問題を中心に、和解に関する筆者の見解を明らかにした。ここで(…)
「済州四・三」 70 周年記念追悼イベント参加記
名桜大学上級准教授 菅野敦志   2018年は、「済州四・三」70 周年であった。市民運動班では、2018年3月29日から31日にかけて、「済州四・三」記念追悼イベントに参加する初の海外合宿を、研究班メンバーである大阪市(…)
「済州4・3」の‘過去清算’と‘和解’
立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員 高誠晩   ’和解’という志向 「済州4・3」における‘和解’は、‘事件の真相究明’と‘犠牲者の名誉回復’に集約される‘過去清算’のプログラムが最終的に志向しなければならない価値とし(…)
「済州4・3」70周年を迎えて
済州4·3研究所元所長 金昌厚   2018年4月3日、文在寅大統領「済州4・3」70周年慰霊祭に参加 2018年4月3日、文在寅大統領は済州4・3慰霊祭に参加した。大統領は済州島民がこれまでの70年間「この地に春は訪れた(…)
1 / 212