和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

タグ:「理論・一般」のエッセー

領域代表によるエッセイ「歴史学から和解学へ」が投稿されました。これは『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が太平正芳賞を受賞した際の挨拶文を修正したものです。
「歴史学から和解学へ」   2009年6月に拙著『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が大平正芳記念賞を受賞させていただいた際の、日本工業クラブにおける授章式での挨拶文を修正したものです。これは和解学(…)
ニコラス・ペーテルスさん(早稲田大学政治学研究科政治学コース博士後期課程)さんが、スイスのバーゼル大学欧州グローバル研究所主催の「グローバルな外交ー制度的アプローチを超えて(Global Diplomacy – A Post-Institutional Approach)」会議参加の体験記を英文で投稿しました。
The international conference ‘Global Diplomacy – A Post-Institutional Approach’, hosted at the Europainstitut in Basel f(…)
日本憲法学・ケルゼン研究で著名な長尾龍一先生から「和解・忘却・寛容」と題したエッセイが投稿されました。長尾先生には、早稲田大学国際和解学研究所の研究員を務めていただいています。
京に住む若い侍が、主家の没落により困窮し、妻を離別して遠国の国守に仕える。出世のため良家の娘と再婚、しかし新妻は冷酷でわがままで、侍は自分がまだ最初の妻を愛していることに気付き、自責の念に駆られる。国守の任期が終ると、後妻を親元へ帰し、京へ(…)
1 / 11