和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

「エッセー」の記事一覧

領域代表によるエッセイ「歴史学から和解学へ」が投稿されました。これは『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が太平正芳賞を受賞した際の挨拶文を修正したものです。
「歴史学から和解学へ」   2009年6月に拙著『帝国日本の植民地法制』(名古屋大学出版会、2008年)が大平正芳記念賞を受賞させていただいた際の、日本工業クラブにおける授章式での挨拶文を修正したものです。これは和解学(…)
ニコラス・ペーテルスさん(早稲田大学政治学研究科政治学コース博士後期課程)さんが、スイスのバーゼル大学欧州グローバル研究所主催の「グローバルな外交ー制度的アプローチを超えて(Global Diplomacy – A Post-Institutional Approach)」会議参加の体験記を英文で投稿しました。
The international conference ‘Global Diplomacy – A Post-Institutional Approach’, hosted at the Europainstitut in Basel f(…)
早稲田大学・次席研究員の黄斌氏が、エッセイ「日・中・韓の歴史和解を目指す国史たちの対話の試み ―円卓会議第3回『日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性』に参加して」を発表しました。
早稲田大学地域・地域間研究機構 次席研究員 黄斌 2018年8月24日(金曜)~28日(火曜)に、韓国のソウルで開催された第4回「アジア未来会議」の円卓会議「日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性」に参加しました。渥美国際交流財(…)
日本憲法学・ケルゼン研究で著名な長尾龍一先生から「和解・忘却・寛容」と題したエッセイが投稿されました。長尾先生には、早稲田大学国際和解学研究所の研究員を務めていただいています。
京に住む若い侍が、主家の没落により困窮し、妻を離別して遠国の国守に仕える。出世のため良家の娘と再婚、しかし新妻は冷酷でわがままで、侍は自分がまだ最初の妻を愛していることに気付き、自責の念に駆られる。国守の任期が終ると、後妻を親元へ帰し、京へ(…)
東郷和彦 「歴史認識問題の道標としての安倍談話」(Prime Minister Abe’s 2015 Statement as a Guideline of Historical Memory Issue)
歴史認識問題は、いまだに日中間のぬぐい難い対立事項として現存している。 36年の日本帝国による併合の歴史と、日清戦争・満州事変・日支事変と続く日本軍の侵略の記憶は、韓国・中国両国に消え難い「被害」の記憶を刻み込んだことは、素直にうなず(…)
「済州四・三」 70 周年記念追悼イベント参加記
名桜大学上級准教授 菅野敦志   2018年は、「済州四・三」70 周年であった。市民運動班では、2018年3月29日から31日にかけて、「済州四・三」記念追悼イベントに参加する初の海外合宿を、研究班メンバーである大阪市(…)
「済州4・3」の‘過去清算’と‘和解’
立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員 高誠晩   ’和解’という志向 「済州4・3」における‘和解’は、‘事件の真相究明’と‘犠牲者の名誉回復’に集約される‘過去清算’のプログラムが最終的に志向しなければならない価値とし(…)
「済州4・3」70周年を迎えて
済州4·3研究所元所長 金昌厚   2018年4月3日、文在寅大統領「済州4・3」70周年慰霊祭に参加 2018年4月3日、文在寅大統領は済州4・3慰霊祭に参加した。大統領は済州島民がこれまでの70年間「この地に春は訪れた(…)
「済州4・3」70周年、大阪での取り組み25年から見えてきた家族の記憶
済州四・三事件70周年犠牲者慰霊祭実行委員会:大阪市生野区在住 張征峰(チャン・チョンボン)   1993年4月大阪市生野区のKCC会館ホールで『済州島「四・三事件」追悼の集い』を催した。東京の済州島四・三事件を考える会(…)
「四月の物語」が「私たちの物語」になる日まで
パンソリ鼓手/脚本 趙倫子(チョ・リュンジャ)   2003年から2005年までの2年間を済州島で暮らした。済州大学校で日本語を教えることになったのだ。 私は大阪に生まれた在日韓国人3世だが、「済州4・3」について(…)
1 / 212