和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

お知らせ・ニュース

日韓フォーラム「隣交の再構築~感情と市場の論理を超えて」開催のお知らせ(1/28)
日韓フォーラム:隣交の再構築~感情と市場の論理を超えて 【要事前登録(原則的に早稲田大学学生院生+主催者推薦の他大学生)】   日時:2020年1月28日(火曜日)10:30~18:30 会場:早稲田大学小野記(…)
講演会「歴史の司法化―慰安婦問題を中心に」
  下記のとおり、国際和解学研究所と高等研究所は、2020年1月25日(土曜日)に、朴裕河先生の講演会を開催します。  テーマは以下のように、歴史の司法化、です。  25日の講演は登録不要ですが、会場にてのご記名とメール(…)
シンポジウム「朝河史学からたどる国民性と和解」を無事に終了いたしました。
日時:2020年1月11日(土曜)午後1:00~3:00 会場:早稲田キャンパス3号館502教室 司会:浅野豊美(早稲田大学政治経済学術院教授) 講演:矢吹晋(横浜市立大学名誉教授・朝河貫一顕彰協会代表理事) (…)
「歴史問題の和解を考えるシンポジウム ―市民の活動と行政との協働をめぐって」のお知らせ
  日時:2020年2月29日(土) 14時~17時30分   場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館ホール(京王井の頭線「駒場東大前」駅下車1分) 交通アクセス http://www.c(…)
文喜相韓国国会議長の早稲田大学講演会「真の信頼、創意的解決策で未来志向的な韓日関係の修復」が、無事に終了をしました(「エッセイ・書評」タブに記録あり)
皆様、 国際和解学研究所と高麗大学平和と民主主義研究所の共催による文喜相(ムン・ヒサン)大韓民国国会議長の講演が、無事に終了いたしました(「エッセイ」タブに記録あり)。昨日は、会場が満杯となり、250名以上の参加者を得ることができまし(…)
10月27日(日曜)文化記憶班主催による「国民的記憶と和解に向けたメディアの可能性」シンポジウムを開催します
文化記憶班が主催して「国民的記憶と和解に向けたメディアの可能性」と題して以下のシンポジウムを開催いたします。午前は植民地時代の映画が中心で、午後は現代のNHKドキュメンタリーが中心の二部構成です。 午前中は植民地朝鮮で作成された映画を(…)
日中国際シンポジウム(12日中止・13日開催のお知らせ)「東アジアにおける戦時動員の位相-その衝撃と遺産-」(10/12,10/13)
10月12日(土)・13日(日)開催を予定しておりました日中国際シンポジウム「東アジアにおける戦時動員の位相〜その衝撃と遺産」は、今般の台風19号の接近・上陸との予報を受けて、公共交通機関の停止に伴い予想されるご来場の不便に配慮して、12日(…)
高麗大学東アジア和解協力センターと共に、早稲田大学国際和解学研究所が 「日韓間の過去の歴史に起因する問題を包括的に解決するための共同提案」を行います。
早稲田大学国際和解学研究所は、新領域プロジェクトを支える早稲田大学内のプロジェクト研究所です。高麗大学の東アジア和解協力センターとは、箇所間協定(MOU)によって結ばれています。近年の悪化する日韓関係を前にして、両研究所は危機感を共有しつつ(…)
講演会「危機の日韓/韓日関係 ―緊急診断と今後の展望」のお知らせ
市民運動班(「『市民』による歴史問題の和解をめぐる活動とその可能性について研究」 )では、韓国国民大学教授の李元徳先生をお招きし、7月20日(土曜)に以下の講演会を開催いたします。ご興味のある方は、どうぞ奮ってご参加ください。 また、ご関(…)
Global Asia Workshop “Theoretical Basis of Public History: Aleida and Jan Assmann’s Cultural Memory and Joerg Ruesen’s Historical Culture”(May 23, 2019)
Theoretical Basis of Public History: Aleida and Jan Assmann’s Cultural Memory and  Joerg Ruesen’s Historical Culture (…)
1 / 212