和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

「活動状況」の投稿

ベルギーのブリュッセル自由大学にて開催された「ヨーロッパおよび日本の政治における価値(VALUES IN EUROPEAN AND JAPANESE POLITICS)」というシンポジウムに、領域代表の浅野豊美が参加しました。
2019年3月8日(金曜日)にベルギーのブリュッセル自由大学(Universite Libre de Bruxelles)の現代政治研究所(Centre d'Etude de la vie politique, CEVIPOL)にて開催され(…)
韓国の高麗大学校・平和民主研究所とともに、領域代表の浅野豊美、思想理論班代表の梅森直之、市民運動班代表の外村大、研究分担者の金泰植が、大法院判決問題に関する議論を行いました。
2019年3月14日(木曜日)、韓国の高麗大学平和民主主義研究所と、総括班との合同コロキアムを開催しました。平和民主主義研究所の朴鴻圭先生による司会のもとで、「早稲田-高麗大の協力に関する議論」および、「徴用者最高裁判決の問題提起と議論」が(…)
新領域和解学創成のための人類学との対話を、チューリッヒ大学のデューゼンベリ先生と行いました。
総括班主催「人類学との対話ー環太平洋地域における先住民をめぐる和解の歴史」 【日時】2019年4月22日(月)16:30-18:00 【場所】早稲田大学14号館960号室 【講演者】Martin Dusinberre 博士 (チュー(…)
「和解三原則を再度検討する―和解学の方向性について」の講演・研究会のお知らせ
新領域プロジェクト、和解学の創成プロジェクトは、「和解三原則を再度検討する――和解学の方向性について」と題した研究会を、総括班イベントとして新井立志先生をお呼びして開催いたします。紛争解決学の知見を、いかに東アジアの国民という不特定の匿名集(…)
韓国ソウル市で開催された第4回アジア未来会議において、「国史たちの対話」というパネルを歴史家ネットワーク班代表劉傑が中心となって開催し、研究分担者の段瑞聡、鄭成、野口真広、領域代表の浅野豊美他、若手の研究員が参加しました。
2018年8月24日(金曜)~28日(火曜)、韓国ソウル市内のThe K-Hotelにおいて、第4回アジア未来会議が開催され、21カ国からの400名以上の研究者が参加しました。このフォーラムの円卓会議「中国・韓国における国史たちの対話の可能(…)
スイスのバーゼル大学欧州グローバル研究所にて開催された「グローバルな外交ー制度主義的アプローチを超えて」というシンポジウムに、思想理論班の梅森直之代表、最上敏樹、上杉勇司、そして領域代表の浅野豊美が参加しました。
スイスのバーゼル大学グローバル欧州研究所にて開催された「グローバルな外交ー制度主義的アプローチを超えて」というシンポジウムに、思想理論班の梅森直之代表、最上敏樹、上杉勇司、そして領域代表の浅野豊美が参加しました。これは思想理論班の最上敏樹教(…)
2018年8月21日、一橋大学ヨーロッパ・アジアセミナーにおいて領域代表者の招待講演が行われました
一橋大学で開催されたヨーロッパアジアサマースクールに講師としてお招きいただき、近代日本の国民形成と靖国神社について簡単な講演をさせていただきました。トルコから来た一橋大学公共政策大学院の大学院生はじめ活発に質問いただきありがとうございました(…)
2018年7月12日、中央大学において領域代表者の招待講演が行われました。
2018年7月12日、中央大学においてドイツ・日本・オーストラリアの過去の取り組みと題する国際交流セミナー(「日・独・豪の過去との取り組み」、独語タイトル:Blockseminar- Vergangenheitsthematik in Ja(…)
1 / 11