和解学の創成

  • 1872年東京 日本橋

  • 1933年東京 日本橋

  • 1946年東京 日本橋

  • 2017年東京 日本橋

  • 1872年8月〜10月北京 前門

  • 現在北京 前門

  • 1949年前後北京 前門

  • 1930年代北京 前門

  • 1895年台北 衡陽路

  • 1930年代台北 衡陽路

  • 1960年代台北 衡陽路

  • 現在台北 衡陽路

  • 1904年ソウル 南大門

  • 2006年ソウル 南大門

  • 1950年ソウル 南大門

  • 1940年代初ソウル 南大門

和解学の創成に向けて

和解学の創成〜正義ある和解を求めて〜Creation of the study of reconciliation
”紛争解決学”という学問は、構造主義的国際関係論を母体として欧米で発展してきた。本領域は、その”紛争解決学”を東アジアの固有の歴史的文脈と結び合わせ規範と実証とが調和するやり方で、ネーション間の「和解学」として高めていこうとするものである。 和解学の最終目標は、ネーションが想像されるのと同様に、各国民が各々のやり方で「和解を想像」し得るような社会的条件の探求と、そのための知的インフラ・学知の構築である。ネーション相互の和解が成立するための規範や正義のあり方の理論的思想的探求と絡めつつ、最終的には東アジアで国民国家が担ってきた文化・教育政策についての国境を越える政策協調の基盤を生み出したい。

 

本領域の目的
本領域は、紛争解決学が国際関係論を母体として欧米で発展してきたことを踏まえ、それを東アジアの固有の歴史的文脈と結び合わせ、規範と実証とが調和したネーション間「和解学」として高めていこうとするものである。 和解学の最終目標は、ネーションが想像されるのと同様に、各国民が各々のやり方で「和解を想像」し得るような学知の構築である。 こうした規範的問題意識のもとに、5つの研究計画班によって実証的分析を遂行し、政府・知識人・大衆・市民という多様なアクターが国内において、そして国境を越えて、重層的に織りなす関係、および共有される価値と文化に焦点を明らかにする。その上で、ネーション相互の関係を想像するための知的インフラのあり方を提言し、東アジア地域の市民的意識の共有に向けた文化・教育政策の呼び水となろうとしている。

 

本領域の内容
本領域は東アジア発の新しい学問としての「和解学」を世界に向けて発信するべく、計画班を分析の焦点となる研究対象に即して編成した。 政治・外交班と市民運動班らでは、冷戦下に作られた政府間和解ともいうべき国交正常化枠組みが、どのように問題を封印していたのかが問われる。他方、市民運動班では、そうした封印が冷戦後になっていかに不安定化したのか、異議申し立てがいかなる「正義」観念の下に展開されてきたのかが問題とされる。 次に、表象や言説が分析の焦点となるのが歴史家ネットワーク班と、和解文化・記憶班である。 この二つの班は、1990年代以降の冷戦終結を受けた民主化とグローバル化に対応した歴史問題をめぐる新しい試みに焦点を当て、なぜそれが機能不全を起こしたのかを検証するチームである。前者では政府間で合意された歴史共同研究事業が、後者では映画・ドラマ等の共同制作の興隆と衰退が、その焦点となる。 実践と表象レベルを結んで、東アジア固有の歴史的文化的特性を背景として、国民感情と一体となった「正義」のあり方を、総合的に探るのが、思想・理論班である。 総括班は、以上のような知見に基づく研究成果を国際的に発信しつつ、和解の想像を可能とせしめる、強靭な国際的連携の構築に当たる。

 

期待される成果と意義
最大の成果として目標としていることは、和解を想像せしめる社会的条件の探求、および、その必要条件ともいうべき知的インフラの構築を実現することである。
社会的条件の探求は各班が分担しつつ、正義をともなう国民感情の相互的和解をめぐる概念・理論を実証研究を踏まえて構築するとともに、それと同時並行的に知的インフラの一環として人的ネットワークも構築していく。知的インフラとしては、概念、理論を取り囲んで、実証・事例研究を充実させた成果として、歴史紛争一般と東アジアの事例を中心とする『世界歴史紛争事典(仮)』を整備しウェブ上で公開することもその重要な成果である。また、英語の叢書、Reconciliation Studies’ series(仮)の出版をまとめるとともに、まず、日本語で和解学叢書、および、実践的な『和解学』教科書を発行する。 公募班の研究成果は、こうした総合的な研究成果の一部となることが期待される。
英語・日本語での業績発信を可能としてくれるのが、和解学創成のための強靭な人的国内・国際ネットワークである。その核として、まず、早稲田大学内に和解学関連研究所を創設し、スーパーグローバル大学支援事業による教員招聘と大学院生教育プログラムの充実と連携させながら、早稲田大学大学院の副専攻として「和解学専攻」を設置する。また、キャンパスアジアプログラムとも連動させて、和解学による交流を実践しフィードバックを得ながら、実践的な場で和解学創成に取り組む。様々な学問分野に分かれた研究環境を越え核となる学会組織の整備にも努力していきたい。
学問的な意義としては、日本初の学問を世界的に発信し得る可能性が第一に挙げられる。今後の世界が、より一層、ナショナリズムの悪循環に落ちいていくとすれば植民地責任追及の手は、いずれ、西欧諸国にも伸びていくかもしれない。その際に和解学の知見は、大いに発展性を有する研究成果として、新たな応用が期待される。そうした世界に通用する学問の世界的発信こそ和解学創成の大いなる成果である。